レトロゲームセンター!?!

最終更新: 2019年10月28日

こんばんは、時計回りの会こなゆきです!

昨日我々はSNSで話題の「アミューズメントウェアハウス川崎」に行って

童心に帰り、遊びまくって来ました~!!


何故SNSで話題になっているかといいますと、驚くほど作りこまれた外観・店内が

大人心をくすぐることやレトロゲームが多くあること、また11月17日をもって

閉店してしまうことが話題となり拡散されているからです。(TL警備員:ぬんより)


それを知ってスチームパンク好きゲーム好きの我々が行かない訳にはいかないと

いうことで全力で楽しんで来ましたのでよろしければ最後までお付き合いください♪


そもそもこちらがどういった施設なのか気になりますよね!

調べたところ主に東京、千葉、埼玉で展開するアミューズメントパーク だそうで、

「刺激的で大人の高級感溢れる非日常を提供」というコンセプトのもと作られたようです。


各店舗でそれぞれ違ったテーマが設けられており、ここ川崎店では「香港にあった九龍城」がモチーフになっているみたいですよ! 香港にあった九龍城と言えば、1993年に取り壊

された巨大なスラム街の要塞。ゲーム等を楽しむ雰囲気と、スラム街に隠れて遊ぶ九龍城

へのイメージが重なりあって川崎店のテーマになったそうです。


店ではキッズコーナーなどを設けずターゲットを大人に限定しているようで、ここでは

18歳未満の方の入場を禁止していました。子供や中高生が入店し、ガヤガヤと騒ぐような

空間では大人が落ち着いて楽しめないというのが理由だそうです。


ではさっそく気になる外観がこちら!

ご覧くださいこのゴテゴテしたスチームパンク感満載の外観…!!


年季の入った塗装が我々を入る前から

わくわくさせてくれました!


1フロアが広めな5階建ての建物で、

少ししゃがんで撮影したものの上までは

収めきれませんでした…もう少ししゃがむ

べきでした、ごめんなさい!(ぬん)


SNSの力なのか多くの方が集まっていて

時間帯によっては混雑する様子も見られ

ました。


実はこの建物、もうひとつ入り口が

ありましてそれが何とこちら…!


薄暗くて見えにくいかもしれないの

ですが緑色に光る水面に並んだ石の上を

渡って入っていくというもので、こちらから入ってもわくわくします!!


現実世界ではないようなこの世界観に

ふたりして大はしゃぎでした(笑)


それではいよいよ店内へ!


中に入ると真っ赤な蛍光灯がいくつも

光っていたり、壁一面に張られた広告が破れていたりと外観の世界観が中まで

続いていました!


2階はクレーンゲームやアーケードゲームが設置されたフロアとなっています。

店内で九龍城の雰囲気を最も多く再現しているのが2階で、本当に圧巻でした!

メダルゲームが設置された3階は床に

真紅のカーペットが敷かれ、汚くくす

んだ演出も見られませんでした。ラス

ベガスのカジノをイメージしており、

フロアごとにテーマが分かれていました。


2.3.4階それぞれ所々に椅子とテーブルがあり休憩できるのもよかったです!

また男性のみではありますが2階はお手洗いまでその世界観は続いていて驚きました(笑)

(女性は逆にホテルのような高級感溢れる内装でした!(ぬん))


ここまで外観のお話ばかりでしたが

本当にたくさんのレトロゲームが置か

れており、気になる方はぜひ公式サイトに設置ゲーム一覧がありますので是非

ご覧いただければと思います。きっと「これもできるの!?」と驚くはず!


そしてなんと!我々の大好きな謎解きも

やっておりまして、もちろん購入して

協力しながらやりましたが、難しすぎず簡単すぎずとても楽しめました!


店内のあちこちを歩いて手掛かりを集めながら謎を解いていくゲームとなっており、

世界観と謎を同時に楽しむことができるのでおすすめです♪


はじめにも書きましたがこちらなんと11月17日をもって閉店してしまうそうなので、

気になる方はお早めに足を運んでみてくださいませ。

https://www.warehousenet.jp/store/storeinfo.php?id=210


それでは!また次回のブログでお会いしましょう!じゃあね!!

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

【お知らせ】春ゲムマ中止について

ぬんです。 みなさん既にご存じの方も 多いことかと思いますが、 ゲームマーケット2020春の 開催自粛が決定しました。 この日を目指して長いこと 頑張ってきたので残念では ありますが、この状況の中 では仕方のないことだと 感じております。 多くの出展者様も悔しい思い 悲しい思いやるせない思いを 抱えていることと思います。 経験して少し分かりました。 ゲーム構築の難しさ。 何度と繰り返すテストプレイ