【名作】鋼の錬金術師

最終更新: 2019年12月17日

はい!ぬんです!

今日もまた名作のひとつを紹介して

いきます!


少年ガンガンで連載されておりました

荒川弘先生によるファンタジーバトル

漫画です。


この作品のすごいところはなんと

いっても伏線の貼り方とその回収が

素晴らしくて読んでいて謎が解けて

いく感じがたまらなく癖になります!


テーマが重めでシリアスかと思いきや

ギャグシーンも多く人気の高い作品と

なりました。


ではでは一体どんなお話なのか早速

ご紹介していきます!

© 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. より引用


幼い頃、亡くなった母にもう一度会い

たい想いから、錬金術において禁忌と

されている人体錬成を行ったふたりの

兄弟(兄:エド/弟:アルフォンス)。


錬金術は失敗し、エドは左足、アルは

全身を失います。


エドはアルも失うわけにはいかないと

自分の右腕を代償にアルの魂を錬成

して鎧に定着させ、命だけは救うこと

ができました。


二人は自分たちの罪を背負いながら、

元の体に戻る方法を探す旅に出ます。


元の体に戻れる可能性があると耳にし、

何度も傷つき悲しい事件を乗り越えて

やっと見つけた”賢者の石”の正体は

なんと多くの人々の命で作られたもの

でした。


一度は絶望した二人ですが、誰の命も

代償にせず元の体に戻ると決意を改め

再び旅を続けていきます。


その中で賢者の石を作り出している

黒幕と何度も対峙、数々の伏線を回収

しながら真相に近付いていきます。


途中仲間の死があったり、敵が仲間に

加わったりと胸アツ展開も多くあり、

泣ける場面も感動場面も山盛りです…


© 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. より引用


そして辿り着く黒幕本人と正面対決。

仲間と力を合わせ何度も挑みますが、

あまりの強さに圧倒されます。


そして戦いの中でエドが身動きを

取れなくなってしまった時、仲間を

庇い動けなくなっていたアルが

「勝てよ、兄さん」と自信の魂を

代償にエドの右腕を錬成します。


エドは泣き叫びながら闘いとうとう

敵を打ち破りますが、魂の消えた

鎧を見てアルを戻す方法を考えます。



エドの父が自分の体中にある賢者の石

を使うことを提案しますが、「バカ

言ってんじゃねえよクソ親父!!」と

エドは泣きながらそれを拒みました。


誰の命も代償にせず元の体に戻ると

決めた決意を最後まで守り抜くエドの

姿に既に崩壊している涙腺がさらに

崩壊しました…


そしてついにエドはアルを戻す方法を

思いつき、最後の錬成をします。


元の体に魂の戻ったアルを支えながら

仲間たちの元へ戻るシーンは涙腺が

決壊するほど泣けます…



そうして長い戦いを終えた仲間たちの

その後を描きながらエドは幼馴染で

ずっと支えてくれたウインリィに告白

をするのですがそれがなんともエド

らしい言葉で読者からの反響がもの

すごいことになったとか!


ウインリィの返事もとってもかわいい

のでぜひこちらは物語の最後まで辿り

着いた暁に見ていただければ…!!

なんとなんと、ハガレンはアニメ化も

されています!


エド役の朴璐美さん、アル役の釘宮

理恵さんをはじめ、迫力ある演技で

とっても素敵なのでおすすめです!



【鋼の錬金術師】


こちらは前半は原作通りですが、

中盤からはアニメオリジナル

ストーリーとなっております。


こちらは最終話の後に作られた

「劇場版鋼の錬金術師~シャンバラ

を征く者~」で完結しますが、ある

意味アンハッピーエンドなので

好みが分かれます。


原作とは名前は同じでも外見も

性格も設定も違ったキャラクターが

登場したりするので、ご覧になる際は

同時に見ないことをおすすめします、

とても困惑します(笑)



【鋼の錬金術師FULLMETAL

ALCHEMIST】


こちらは上記で紹介したものが完結

したあとに始まった原作に忠実な

アニメです。


マスタング中佐やフォークアイ中尉

の声優さんが交代されていますが

こちらもまた良きで個人的にはどちら

も好きです!


原作通りですので、エドもアルも元の

体を取り戻し、その後まで描かれて

います。


バトルシーンの作画が最高ですよ!!

(ブラッドレイ大総統VSグリード)

(マスタング大佐VSエンヴィー)

見どころ満載なハガレン。

ぜひご覧になってみてください!


それでは!また次回のブログでお会い

しましょう!ばいばーい!!

2回の閲覧