【おすすめ】声を出して笑える絵本から大人もグッとくる絵本

最終更新: 8月12日

こんにちばんは、ぬんです!


なかなか元に戻らない日常に

ちょっとしたほっこりをと思い

話題を考えてまいりました!



本日は5人兄弟の長女目線から、

また幼稚園の先生目線から選ぶ

おすすめの絵本を紹介します!


子どもの頃読んだ絵本を懐か

しんだり、初めて出会う絵本に

わくわくしていただけたらと

思います(*‘ω‘ *)

①ノンタン ブランコのせて

②パンダ銭湯

③くれよんのくろくん

④こんとあき

⑤そしてトンキーもしんだ

①ノンタン ブランコのせて

公園や幼稚園・保育園で経験

されたことありませんか?


ブランコの順番待ち。


私自身も1つ下の妹と互いの

乗ってる時間が長いとよく

喧嘩をしました(笑)



この絵本は、まだブランコに

乗っていたいノンタンに何人

もの友だちが「かして」と

伝えに来るお話です。


ノンタンは色々な理由を作り

ブランコに乗り続けます。


こんな体験、身に覚えが

あったりしませんか?(笑)


この絵本には、楽しく順番を

変わることのできる魔法の

歌が書かれています。



私はこの曲にメロディーを

つけて、当時担任していた

年少さんたちに何度もこの

本を読みました。


すると子どもたちはその曲を

歌いながら上手にブランコを

「どうぞ」「ありがとう」と

交換できるようになりました。



年少さんというのは入園した

ばかりの子が多く、共有物を

順番に使うことが初めてな

子が多くいます。


しかし、ブランコをはじめと

した様々な場面で子どもたちは

この曲を笑顔で口ずさみながら

友だちと上手に順番を変わる

ことができるようになったの

です。


曲のおかげで待ち時間ですら

楽しいのがまた素敵!



ノンタンの絵本は他にも沢山の

テーマで描かれた絵本がある

ので、気になった方はぜひぜひ

探してみてくださいね!

②パンダ銭湯

わりと新しめの絵本なので、

ご存じない方も多いかも

しれません。


マル秘シールが味を出した

不思議な絵本…ちょと中が

気になりませんか?(笑)



この絵本と出会ったのは

短大生の授業の中でした。


幼稚園教諭を取得するべく

通ったその学校の「お気に

入りの絵本を1冊読み聞か

せる」授業で、友人が私に

読んでくれた絵本です。


感想から言いますと、もう

めちゃくちゃ面白い!!!


何人もの友人と声を上げて

見たことを覚えています。



”子どもにも面白いの?”


そう思った方いらっしゃる

かもしれません、大丈夫、

たくさんの子どもたちに

読みましたが、バッチリ

大人気でした(笑)



何がそんなに面白いのか

気になりますよね。


表紙から分かる通り、

パンダの親子が銭湯に行く

お話ですが、我々人間が

脱衣所で服を脱ぐように…


このパンダたちも体の黒い

模様を脱いだり外したり

して真っ白になってしまい

ます!


えええってなりません!?


いやいやもうこれはぜひその

シーンを見てほしい!!!


目元の模様はサングラスで、

その奥に眠る意外な瞳に

ダブルで笑ってしまいますw



読み終えた後には再び表紙を

見せて、「このことは先生と

みんなだけの秘密だよ?」と

マル秘シールを指さすと、

子どもたちは小さな人差し

指を口元に当てながら小声で

「シーね」と笑うんです(*ノωノ)


そこも含めておすすめです(笑)

③くれよんのくろくん

みなさんクレヨンをお使いに

なったことがあるかと思い

ます。


この絵本は、じっくり通して

読むのが1番素敵な本なので、

多くは話しませんが、10色の

クレヨンたちに人間のような

心を宿らせ、”みんな違って

みんないい”ということを

優しく教えてくれる絵本です。


なぜもう1冊絵本が映っている

かというと、続けて読むことで

みんなの成長がみられて素敵

だからです(´;ω;`)


私は読む前にこなゆきさんから

あらすじを教えてもらって、

その場で泣きました(笑)

それによりくろくんブームな

私は遠距離だった当時の文通に

小指サイズのくろくんを作って

入れたりしてました(余談w)

④こんとあき

ご存じの方も多いのではないで

しょうか?


「おつきさまこんばんは」や

「はじめてのおつかい」、

「あさえとちいさいいもうと」

などを描かれた林明子さんの

絵本です。


あきちゃんが生まれる前から

あきちゃんの隣にいてくれた

ぬいぐるみのこんは、あき

ちゃんの成長と共に古くなり、

電車に乗ってほころびた腕を

おばあちゃんに縫ってもらう

ことにします。


小さなふたりの電車旅はハラ

ハラだらけ、気付けば一緒に

おばあちゃんの家へ向かって

いる気がしてきます(笑)



この本と出会った当時、私は

歩けて話せるこんが愛しくて

たまりませんでした。


(魔女宅のジジが好きで家中に

グッズを集めてしまうのもそれ)


好きすぎて大人になってから

お迎えしました!

可愛いですよね(*‘ω‘ *)ふふ


可愛くて優しいふたりにきっと

癒されます、ぜひぜひ一度

読んでみてくださいませ!

⑤そしてトンキーもしんだ

先ほどまでの未就学児向けと

変わって、こちら少し大きい

子から読んであげたい絵本。


小学1年生の夏、読書感想文は

絶対これと父が選んだ本です。



物語は何年も前の上野動物園。


戦争により敵が落とした爆弾で

動物たちが暴れまわっては危険

だから、戦争のため十分な餌を

与えてやれないからと、動物

たちの命を断ち切らなくては

ならない飼育員さんたちと、

そんな中生きようとする1頭の

像のお話です。



時が経つにつれ戦争を体験した

方は減り、どれほど恐ろしく悲

しいことであるかを知る機会が

減っていきます。


また、死の怖さを知る機会は

多くありません。



この絵本には大切にしたい命を

守ることのできない悔しさと、

どんなに苦しくても諦めない

強さが沢山詰まっています。


多くの方に読んでいただきたい

1冊です。

いかがだったでしょうか??


絵本に限らず色々な本を読むと、

自分とは違った視点や思考に

驚いたり感動したり、はたまた

共感したりと貴重な経験が

できますよね。


ご紹介した中に少しでも気になる

絵本がありましたらぜひぜひ一度

手に取ってみてください!


どれもおすすめですよ(*‘ω‘ *)


次はこなゆきさんのおすすめ絵本

紹介してもらいましょうか!(笑)


インタビューしておきます(笑)(笑)



それでは!また次回のブログで

お会いしましょう!ばいばーい!!

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

【感謝】あたたかいお言葉の数々ありがとうございます!!

こんにちばんは、ぬんです! 最近日差しの強い日が増えて きましたね…いよいよ私の敵、 夏がくるのでしょうか?(笑) 季節の変わり目ですので、 体調の変化に気を付けて お過ごしくださいませ…! 皆さんのお力により、昨日の 記事が拡散されております! ありがとうございます(´;ω;`) そしてあたたかいお言葉の 数々、本当にありがとう ございます!! こなゆきさんと一緒に全て 読ませていただいてます!