​①納車から座席解体

​ GW初日、ついにバスを納車しました!!わーーーい!!!

 探し始めて数か月…片道6時間かかるとある県まで下見に行った2月が懐かしいです(笑)

 当日はバス会社さんのご厚意で、こちらまで運転して届けてくださいました!実は下見も、前日一緒に山登りを

していたこなゆきさんの友人Kさんが快く我々を乗せて運転してくれました。沢山の方の優しさでスタートラインに立つことができました、本当にありがとうございます(´;ω;`)

 1枚目の写真どうです?顔は見えずともドヤ顔で写真に写っているであろうこなゆきさんが浮かびませんか?(笑)私の愛車ビーちゃんと比べても圧倒的大きさ!こなゆきさん本当に買っちまいましたwww

 翌日、工具を揃えて解体作業を始めました。まずは足元をフラットにするため、座席を全て取り外す作業です。しかし年季の入ったネジやボルトはそう簡単には回らず、さっそく第1の壁に衝突!「私、ネジやボルトとは絶縁する…」私はよくそう呟きながらスパナを回していました(笑)

 あまりにも回らないので調べたところ、年季の入ったそれらはバーナーで炙る、もしくは※5-56を吹きかけると回るようになるそうで、試してみると驚くほどするりと回りました!!これはすごい!!!それでも回らない場合はスパナを回す方向にトンカチで繰り返し叩くと回ります、大発見!(※5-56とはあらゆる金属の防錆、可動部の潤滑、電気系統の除湿・防湿、電気接点の清浄など、さまざまな用途ですぐれた性能を発揮するスプレーです。※詳しくはコチラ https://www.kure.com/product/detail.php?item_id=7

 観光バスということで座席の数も多く、だいぶ時間がかかりましたがこなゆきさんの友人Kさんが2日間も手伝いに来てくれたおかげで、3日かけて全座席と座席上の棚を全て取り外すことができました!感謝しかない!!

 さてここでぶち当たるのが第2の壁。「外した座席ってどう処分するの?」です(笑)

 ダメ押しでごみ収集センター等に電話して聞いてみたもところ、座席の取り扱いは行っていませんが解体した場合に座席カバーの布部分であれば大丈夫ですとのお応えをいただきました。また、鉄であれば回収を行ってくださるという業者さんも見つかりましたので、次回は座席の分解と分別処分を行います!

 このところ気温の高い日も増えてきたので、熱中症に十分気を付けながら引き続き作業に励みます!!

​ 次回の改装記録もお楽しみに~!

 ぬん